閉じる

  • ホーム
  • 保育について
  • 子どもが本来持っている「育ちのチカラ」を伸ばす保育

保育について

保育について

子どもが本来持っている「育ちのチカラ」を伸ばす保育

子どもたちは、個性や自分らしさといった「宝物」を誰もが持っています。
私たちは家庭との連携を大切にし、子どもたち一人ひとりの個性に光を当て、
子どもたちが本来持っている「育ちのチカラ」を伸ばしていきます。

学研ココファン・ナーサリーの保育方針

  • 子どもの養護と教育を両輪とした、子ども主体の心と体の育ちの支援
  • 子ども一人ひとりの認知・発達に応じた、個別の発達支援
  • 地域社会のすべての子育て家庭に対する、様々な取り組みによる育児支援

保育目標(目指す子どもの姿)

  • 基本的生活習慣が確立した子
  • 心も体も自立した子
  • 自律した行動がとれる子
  • 他人に対する思いやりと寛容な気持ちを抱き、援助ができる子

上に戻る上に戻る