閉じる

保育について

保育について

異年齢交流・多世代交流

お互いが学びあう 子どもの成長を豊かにする異年齢交流

子ども同士のタテ・ヨコの豊かな関わりを通じて、年下の子どもは年上の子どもに対してあこがれや目標を持ち、年上の子どもは年下の子どもに対して優しく対応することを通して自信もつきます。
私たちは、子どもたちが広い年齢の子どもと接し、たくさんの刺激を受け、それを吸収できる環境も大切にしています。

子どもたちと高齢者のふれあい 思いやりの心を育む多世代交流

私たち一人ひとりはかけがえのない存在であると同時に、幅広い世代の様々な人に支えられて生きています。同グループの高齢者事業の利用者である高齢者との世代を超えた交流を通して、子どもたちが高齢者の方々を思いやり、様々な人々の心を深く豊かに感じ取る力が育つ多世代交流も行っています。
(※園によって取り組み方が異なります)

上に戻る上に戻る