保育の考え方

Gakkenの保育

子どもが本来持っている

「育ちのチカラ」を
輝かせる保育

子どもたちは、個性や自分らしさといった「宝物」を誰もが持っています。
私たちは家庭との連携を大切にし、子どもたち一人ひとりの個性に光を当て、
子どもたちが本来持っている「育ちのチカラ」を
伸ばしていきます。

保育理念

philosophy

すべての人が
心ゆたかに生きることを願い
今日の感動・満足・安心と
明日への夢・希望
を提供します

保育方針

Gakkenほいくえんが大切にしていること

  • 子どもの養護と教育を両輪とした、子ども主体の心と体の育ちの支援
  • 子ども一人ひとりの認知・発達に応じた、個別の発達支援
  • 地域社会のすべての子育て家庭に対する、様々な取り組みによる育児支援
保育方針

保育目標

目指す子どもの姿

  • 基本的生活習慣が確立した子
  • 心も体も自立した子
  • 自律した行動がとれる子
  • 他人に対する思いやりと寛容な気持ちを抱き、援助ができる子
保育目標

あそびが学びに、学びがあそびに

保育に対する考え方

Gakkenほいくえんは、
すべての子どもが生まれながらに持っている「育ちのチカラ」を輝かせる保育を行っています。

自ら選び、自ら遊び、自ら学ぶ。

子どもたちが生活のなかで楽しくあそび・学び続けられる場所

子どもが主体的・対話的にあそび・学ぶことは、自己肯定感アップに繋がり、自ら考えて行動する意欲となります。そして、「おもしろそう!」「知りたい!」という学びのタネを子ども自身が育てることで、成功だけでなく失敗も経験しながら深い学びを得られます。その経験が、生きるチカラを備え、子どもはいずれ社会で活躍する1人の大人へと成長していきます。

学研はアクティブラーニングの先駆けとして「科学」と「学習」*を多くの子どもたちに届け、みんな毎月のふろくであそび学ぶのをドキドキワクワク待っていました。時代が変わっても、生まれながらに持っている育ちのチカラ(=あそび学ぶ、自分らしさ、個性)を輝かせ、子どもたちが生活のなかで楽しくあそび・学び続けられる場所がこの学研の保育園・こども園です。

アクティブラーニング・学研アプローチ

「科学」と「学習」 …学研が出版していた小学生向けの学習雑誌。最盛期には670万部という驚異的な発行部数を記録。